Organic&Aroma

キャリアオイルとは?種類や選び方まとめ

アロマショップやアロママッサージの時に使う「キャリアオイル」。このキャリアオイルとはいったいどういうものでしょうか?精油とはどう違うのでしょうか?この記事では、キャリアオイルとは?種類や選び方などをまとめました。

植物油(キャリアオイル)とは?

アロママッサージでは主に植物油と精油とを混ぜて使います。

この、精油を希釈するための植物油のことを

「キャリアオイル」という呼び方をします。

精油の成分を「運ぶ」という意味で「キャリアオイル」と名付けられました。

精油は基本的に非常に高濃度なので、原液のままで使えないものが多いです。

また、精油は水に溶けにくいため、植物油やそのほかの基材で希釈して使います。

実は、精油だけではなく、キャリアオイル自身にも効能があります。

植物油(キャリアオイル)の選び方は

植物油に含まれている成分を知ることは目的にあった質の高い植物油を選択する目安になります。

油に含まれている脂肪酸には大きく分けて2種類、

  • 飽和脂肪酸(ラウリン酸、パルミチン酸、ステアリン酸)
  • 不飽和脂肪酸(リノール酸、α―リノレン酸、γ‐リノレン酸、オレイン酸、パルミトレイン酸、エイコセン酸)

があります。

植物油(キャリアオイル)に主に含まれているのが、不飽和脂肪酸です。

不飽和脂肪酸は、常温では液体であり、不飽和脂肪酸が多い油は健康維持や様々な予防に役立つことが期待されています。

体内で合成できるものとできないものがあり、リノール酸などは、植物しか作ることができません。

そこで、不飽和脂肪酸の中の種類と特徴も見ながら、マッサージオイルを選んでみるのも一つの方法です

また、香りや酸化しにくいものを選ぶのもの、選ぶ方法の一つです。私が選ぶ時は、効能と香り、そして精油の香りをしっかりと感じたいので、あまり香りが邪魔しないものを選んでいます。

是非、参考にしてみてください。

次に、植物油(キャリアオイル)の種類を見てみましょう。

植物油(キャリアオイル)の種類

キャリアオイルの種類は精油ほど多くはありませんが、種類は多数存在しています。この記事では主要なものを何種類かご紹介します。

アボカド油~森のバター

アボガド油

  • 原産国:アメリカ・メキシコ
  • 抽出部位:果肉
  • 特徴:森のバターと呼ばれるアボカドには、ビタミンABCEが含まれ、脂肪分が豊富で、果肉から油を得ます。
  • 香り:少し酸味がある独特な香りがします。
  • 酸化安定度:中程度
  • 主な脂肪酸:オレイン酸約70%、リノール酸約15%
  • 主な使用方法:部分使用には単体で、全身には他の植物油に20~30%程度混ぜるとよいです。ボディトリートメントやスキンケアにも使われます。
  • 使用期限:3~4か月(メーカーの使用期限を確認してください)

アルガン油~化粧品業界も注目する自然の美容液!

Argan Oil, Nutshells, Argan Nuts, Morocco, Bioargan

アルガン油

  • 原産国:モロッコ
  • 抽出部位:種子
  • 特徴:モロッコのベルベル人が食用や薬用に利用してきたオイルです。100kgの種子から1リットルしかとれない貴重なオイルです。ビタミンEやカロテンが豊富で注目されています。
  • 香り:ナッツやフルーツ系の香り
  • 酸化安定度:中程度
  • 主な脂肪酸:オレイン酸約40%、リノール酸約40%
  • 主な使用方法:ボディトリートメント(セルライトケア)や、スキンケアでは乾燥を防ぎます。部分使用には単体で、全身には他の植物油に20~30%程度混ぜるとよいです。
  • 使用期限:3~4か月(メーカーの使用期限を確認してください)

オリーブ油~国連の旗に描かれる平和の象徴

Olive Oil, Olives, Food, Oil, Natural, Organic

オリーブ油

  • 原産国:地中海沿岸
  • 抽出部位:果実
  • 特徴:紀元前3000年前から栽培されていて、様々な事に使われた万能な植物です。肌をやわらかくし、炎症を抑える働きやオレイン酸が豊富。酸化しにくいのもの特徴。
  • 香り:食用のオリーブ油と同じような香り。
  • 酸化安定度:高い
  • 主な脂肪酸:オレイン酸約70%、リノール酸約10%
  • 主な使用方法:ボディトリートメント(日焼け後の肌ケア)や、スキンケアでは乾燥を防ぎます。部分使用には単体で、全身には他の植物油に20~30%程度混ぜるとよいです。
  • 使用期限:6か月~1年(メーカーの使用期限を確認してください)

グレープシード油~ワイン生産後の種子から抽出

9 Impressive Benefits Of Grapeseed Oil For Skin, Hair & Health

グレープシード油

  • 原産国:種類により多様
  • 抽出部位:種子
  • 特徴:メソポタミア文明から人類と同じ成長を経ているブドウ。ワイン生産後の種子から抽出されます。
  • 香り:ほとんどないため、精油の香りをそのまま伝えることが出来ます。
  • 酸化安定度:中程度
  • 主な脂肪酸:リノール酸約60%、オレイン酸約20%
  • 主な使用方法:ボディトリートメント(癖がなく使いやすい)や、刺激が弱いので、手作りのスキンクリームなどに。部分使用には単体で、もしくは他の植物油をブレンドして使用します。
  • 使用期限:2~3か月(メーカーの使用期限を確認してください)

ココナッツ油~香りも食用としても世界で大人気!

Food, Coconut, Fruit, Healthy, Coconut Oil, Homemade

ココナッツ油

  • 原産国:インドネシア、スリランカ、フィリピン
  • 抽出部位:胚乳
  • 特徴:美容にもよい食用油といわれています。紫外線から肌を守る働きがあるため、スリランカでは古くからスキンケアやヘアケアに使用。
  • 香り:夏や海が想像されるココナッツの香り。
  • 酸化安定度:中程度
  • 主な脂肪酸:ラウリン酸約50%、
  • 主な使用方法:ボディトリートメント(日焼け後の肌ケア)や、スキンケアでは乾燥を防ぎます。部分使用には単体で、全身には他の植物油に30~40%程度混ぜるとよいです。
  • 使用期限:未開封で3年(メーカーの使用期限を確認してください)

ゴマ油~クレオパトラも食べていたゴマ。

Soap, Rose, Oil, Sesame, Cocoa Butter, Vegetable Fats

ゴマ油

  • 原産国:インド
  • 抽出部位:種子
  • 特徴:メソポタミア文明や古代エジプト時代には栽培されていて、ツタンカーメンのお墓からも発見されていました。
  • 香り:炒らずに搾ったセサミオイルのため、香ばしい香りはしません。
  • 酸化安定度:中程度
  • 主な脂肪酸:オレイン酸約40%、リノール酸約40%
  • 主な使用方法:ボディトリートメント(リフレッショに役立ちます)や、スキンケアでは保湿や抗酸化作用に優れています。少し粘性が高いため、多少べたつきがあるので、その他植物油に30~40%程度混ぜるとよいです。
  • 使用期限:3か月~4か月(メーカーの使用期限を確認してください)

スイートアーモンド油~もっともアロマトリートメントで利用されるオイル

Almond, Nuts, Kernel, Products, Healthy Foods, Food

スイートアーモンド

  • 原産国:中東、アメリカ
  • 抽出部位:種子
  • 特徴:アロマテラピーのマッサージオイルやトリートメントで最も利用されている植物油の1つです。
  • 香り:少ないため、精油の香りが伝わりやすいです。
  • 酸化安定度:中程度
  • 主な脂肪酸:オレイン酸約65%、リノール酸約25%
  • 主な使用方法:ボディトリートメント(肌タイプを選ばず使いやすいです)や、スキンケアでは保湿や肌を柔らかくします。そのまま使用できます。
  • 使用期限:3~4か月(メーカーの使用期限を確認してください)

ホホバ油~安定性が高く酸化しにくい万能油

Oil, Glass, Bottle, Honeysuckle, Yellow, Beauty

ホホバ油

  • 原産国:カリフォルニア南西部~メキシコ北部
  • 抽出部位:種子
  • 特徴:ホホバ油という名前ですが、正しくは脂肪酸とアルコールが結びついた液体のワックスです。300度以上の高温でも変質せず、安定性が高く、保存期間が長いのが特徴。
  • 香り:ほぼ無臭で微かな香ばしいり。
  • 酸化安定度:高い
  • 主な脂肪酸:エイコセン酸約75%、ドコセン酸10%
  • 主な使用方法:ボディトリートメント(乾燥する季節の保湿ケア)や、スキンケアでは日焼け後にも。部分使用・全身にもそのまま使えます。
  • 使用期限:6か月~1年(メーカーの使用期限を確認してください)

マカデミア油~酸化しにくい軽い使い心地

Macadamia Nuts, Nuts, Food, Snack, Healthy, Protein

マカデミア油

  • 原産国:オーストラリア、アメリカ
  • 抽出部位:種子
  • 特徴:マッサージにもスキンケアにも有効。保存期間も長くて便利な油。パルミトレイン酸が豊富。
  • 香り:食用のオリーブ油と同じような香り。
  • 酸化安定度:高い
  • 主な脂肪酸:オレイン酸約55%、パルミトレイン酸約20%
  • 主な使用方法:ボディトリートメント(精油の吸収率を高めるためよく利用されます)や、スキンケアでは保湿作用があり、感想や加齢肌のケアに。部分使用には単体で、全身には基本の植物油に20~30%程度混ぜるとよいです。
  • 使用期限:6か月~1年(メーカーの使用期限を確認してください)

その他

このほかにも

  • アプリコットカーネル油
  • イブニングプリムローズ油
  • ウィートジャム油
  • カロフィラム油
  • サフラワー油
  • サンフラワー油
  • シーバックソーン油
  • コメヌカ油
  • ツバキ油
  • ヒマシ油
  • ヘーゼルナッツ油
  • ヘンプ油
  • ボラージ油
  • ローズヒップ油
  • アルニカ油
  • カレンデュラ油
  • セントジョーンズワート油

などがあります。また、別の機会で詳しくご紹介していきたいと思います。

まとめ

キャリアオイルとは?種類や選び方をまとめました!

精油を使いやすくしてくれるキャリオイル。自分の好きなオイルを見つけて次は是非オイルマッサージなどを試してみてください。

-Organic&Aroma

© 2022 Mobile Work Design